購入前に自動車の比較

自動車のカタログで比較

自動車のカタログ参照時の注意点

カタログに記載された値を参照して自動車の燃費などの性能を比較しますが、実使用ではこの値を下回る事に注意が必要です。カタログに記載される性能計測について、計測専任のドライバーを使う事が認められているため、一般人よりアクセル・ブレーキの使い方が上手く、燃費が良くなります。また、特に電気自動車では燃費性能の剥離が大きくなります。これは性能計測時に電装機器の使用を一切考慮していない事によります。実使用ではカーナビ・オーディオ・エアコンなどが使用される事が多いですが、ここで使用する電気と走行で使用する電気は同じなので、電装機器で使用された分、燃費が落ちる事になります。

月極駐車場を今すぐ見つけたい方に役立つサイトです。
希望の場所ピンポイントでの検索が可能です。また、その周辺の空き状況も瞬時に分かります。

自動車の運転免許

カタログがもらえない時は

バブル期と比べ、自動車販売店は冷やかし客や複数車を希望すると中々カタログをくれません。簡易版の8P程度のリーフレットみたいな物で対応したり、1冊にまとめず、本体のカタログ、オプション専用、特別仕様車用など細かに分けて用意しています。これは、各販売店がメーカーから1冊、高いもので数千円から数百円で購入しているケースが多く、車自体の利幅も少ないので効果的に使いたいと言う思いや、メーカーの指導もあります。コレクターには耳の痛い話ですが、自動車もエコが叫ばれる時代背景を考えると時流に沿った当然の流れかもしれません。

© 自動車のカタログで比較. All rights reserved.