自動車の部品を集める

自動車のリサイクルとは

自動車リサイクル法とは

自動車の製造には鉄やアルミなどの金属を使用しているため約8割はリサイクルされ、残りは埋立処分となっていました。しかし、埋立処分スペースが残りわずかとなったことで埋立処分でかかる費用が高騰したことにより、不法投棄を行う業者が増えました。そこで、自動車リサイクル法の制定によりその費用を所有者が負担することに成りました。かかる金額はエコバックやエアコンに用いるフロンによって異なりますが、6千円から2万円ほどです。これに加えて廃車を処理する際にユーザー登録を抹消しなければならないための費用も掛かります。

自動車の運転免許

リサイクルするために

自動車のリサイクルサービスとは、不要になった車を再利用するサービスのことです。このサービスは、主に中古の車を扱っている業者や資源の再利用を行う業者などが行っています。車のリサイクルサービスには、車そのものを再販売する形式と部品ごとに分解して再利用する形式があります。車そのものを再販売する形式は、車の中古販売店などで行われています。これらの店舗で販売される車は、新品の状態で販売される車よりも安い金額で購入できる利点があります。業者によっては、海外などに輸出を行っているところもあります。自動車の部品ごとに分解して再利用方式は、部品に含まれる資源を再利用する目的で行われます。

© 自動車のカタログで比較. All rights reserved.